揚げ玉と天かすの違いは何?保存方法はどうすればいい?

この記事は約2分で読めます。

揚げ玉を買おうとスーパーに行ったら、商品棚には「揚げ玉」と「天かす」が…
この違いって何?

見た目はほとんどというか、全く同じに見えるのに、区別して売っているのはなぜ?
気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

揚げ玉と天かすの違い

「揚げ玉」はそれを作る為だけに小麦粉を水で溶いて準備したもので作ったものです。
「天かす」は天ぷらを揚げた時に出る衣から剥がれた部分で、

なので、基本的にはどちらも同じ物です。

えっ?! それだけ? って感じですよね。

ですので、ちょっと違うところを調べてみました。

揚げ玉
◆丸いもの
◆そのためだけにいろいろ準備をして作ったもの
◆海老の風味をつけたもの
◆関東での呼び名

スポンサーリンク

天かす
◆天ぷらと同時に作ったもの
◆天ぷらの副産物としてできたもの
◆関西での呼び名
◆関西では無料のところが多い

いろいろとありますが、あくまで、そのお店での言い方のようです。特に統一された基準はないと言えるらしいですよ!!

同じ量で同じ金額で売っていたら、揚げ玉の方が手間をかけて作っているようで、ついつい揚げ玉の方を私は選んでしまいますけどね。。。

揚げ玉と天かすの保存方法

基本、冷蔵庫で大丈夫ですが、そのまま保存していると、油が下にたまるので(特に自家製)冷凍保存するのがおすすめです。

何回も解凍、冷凍を繰り返さないために、1回分の使用量ずつ小分けにして、出来るだけ平らにして保存すると、かさばらないし解凍も早いです。

冷凍保存していても、長期になると冷凍庫からの匂いうつりも気になるので、色々なお料理のトッピングにすると、新たな発見があって楽しめますよ。

さいごに

「揚げ玉」と「天かす」の違いって本当に微妙ですよね。
でも、お料理のアクセントとして重宝するのでとても便利!
「揚げ玉」と「天かす」の食べ比べなんてしてみるのも、楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント