カサブランカとユリの違いと特徴は?名前の由来と花言葉もどうぞ

この記事は約3分で読めます。

贈り物やプレゼントでいただいたりすることが多いお花、ユリ。
パッと見た感じ、「カサブランカ」と「ユリ」って違うの? 同じじゃないの? と思う方も多いはず。
そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

カサブランカとユリの違いと特徴は?

カサブランカは、沢山あるユリの品種の中の一つで品種名のことです。
ですので、カサブランカもユリなんです!

「へぇ~、同じなんだぁ…
じゃぁ、違いっていったい何??」
って思いますよね~ (^^;)

実は…
ユリにも色々種類があって
カサブランカは、『オリエンタル』と言うユリの種類に属しています。

オリエンタルは香りがあり、比較的大輪という特徴があります。

カサブランカの特徴は、純白で大輪、香りが強いのが基本です。

また、花びらの内側ににツンツンと小さな突起があるので、それでも見分けやすいです。

わかりやすいように下の画像を見比べてみてくださいね♪

▼ カサブランカ ▼

▼ ユリ ▼

どうですか?

花びらの内側にある突起の違い、わかりますか?
このように、花びらをよく見ると違うんですよ^^

花のつきかたも違います。

カサブランカは、茎に対して下、あるいは垂直方向というか横向きで四方に蕾がついています。

大抵のユリは、茎に対して平行方向で上を向いています。
(カサブランカそっくりなのに、やや上向きに咲くのはクリスタルブランカです。)

カサブランカは、咲くにつれて花びらが大きく反ってくるのも特徴です。

色付きのカサブランカも出回っていますが、色付きのカサブランカと呼ばれる物は、
ロビーナ、マレロなどの別の名前がついていて、別の品種になります。
(これらの大輪で香りのある近い品種のユリ達をまとめて、オリエンタル・ハイブリッドリリーと呼びます)

▼ 色付きカサブランカ ▼

スポンサーリンク

カサブランカの名前の由来

Casablancaというのは北アフリカの都市の名前ですが、語源はスペイン語で「白い家」という意味です。

アメリカのホワイトハウスもスペイン語でCasa Blanca(カサ・ブランカ)といいます。日本語で白亜館と訳されたりもします。

ユリの中でも白さが目立つからでしょうね。

カサブランカとユリの花言葉

見た目や特徴で、ユリとカサブランカの違いがわかったところで
花言葉の違いもみていきましょう。

『 カサブランカ 』 の花言葉
☆ 威厳
☆ 純潔
☆ 高貴

『 ユリ 』 の花言葉
☆ 純粋
☆ 無垢
☆ 威厳

なんだか近寄りがたい花言葉ですが、特別な感じがしていいですね♪

さいごに

どうでしたか?
パッと見ただけではわからない
『 カサブランカ 』 と 『 ユリ 』

今度、お花屋さんにいく機会があれば、じっくりと観察してみてくださいね ^^

スポンサーリンク

コメント