トイレの便器に知らず知らずのうちについている尿石汚れ。

新築の家のトイレなら気にならないのでしょうが、
賃貸や長年住んだ家のトイレにはつきものですよね。

簡単には落とせない尿石汚れについて、対処法を調べてみました^^

スポンサーリンク



便器の尿石の落とし方のコツ

尿石はアルカリ性の汚れなので
酸性の洗剤を使用するのがコツなのです。

例えば、サンポールやトイレのルックなど・・・

ドメストやトイレハイターは塩素系漂白剤ですので、
尿石には効果がありません。

トイレの洗剤には、酸性と塩素系の2種類がありますので、
きちんと裏面をよく読んで、
液性という欄に『酸性』と書いてあるものを購入して下さいね。

酸性の洗剤をトイレットペーパーにたっぷり染み込ませて
汚れている個所に貼り付けてください。

最低でも30分は、そのまま置いておく方がいいと思います。

汚れ具合にもよりますが、30分で落ちる汚れもあれば
3時間もかかる汚れもありますので…

30分程度たったら、トイレブラシなどでこすってみてください。

蓄積した汚れだと1回ですっきり落ちないかもしれませんが
数回すればキレイになりますよ。

ここで注意してほしいこと

上記洗剤の
酸性洗剤(サンポールなど)と
塩素系洗剤(トイレハイターなど)の
同時使用はやめてください。

どちらにも、混ぜるな危険と表示されています。

酸性系+塩素系=危険なガスが発生

絶対に同時使用はしないでくださいね。

スポンサーリンク

尿石の原因

尿石はリン酸カルシウムなどの無機汚れと
タンパク質が分解してできた尿素などの有機汚れが
強固に結合したものなんです。

便器の掃除が不十分なまま放置されることで
落としずらい汚れになって、
尿石という固い汚れになるのです。

そして、黄ばみの原因にもなってしまいます。

そうなってしまうと、もう大変!!
尿石の落とし方のコツで綺麗にしてくださいね。

尿石汚れの予防方法

こまめに掃除するのが一番です。

わかりきったことなのですが、なかなか出来ないという方もいるのでは?

トイレ掃除を毎日することで、
汚れをためない⇒頑固な汚れがつかない
ということになって結果的に
尿石汚れを落とさなくてもすむようになりますよね。

でも毎日完璧に掃除し続けるのも
忙しいと大変になりますよね。

でも大丈夫!!

汚れのつきやすい場所を優先して掃除し、
時間のあるときにしっかりと掃除するだけでも
ずいぶん違いますよ。

最後に

一度つくと厄介な尿石汚れ。

こまめな掃除で防ぐことができるので、
気構えずにチョコチョコ掃除をしませんか?

毎日のトイレ掃除が習慣化するように
メリハリのついた掃除を始めてみましょう^^

スポンサーリンク