春の山菜 ふきのとうのレシピ

春といえば、山菜狩りが楽しみな季節ですよね。
今回は、ほろ苦い味わいの「ふきのとう」を使ったレシピを紹介していきますね。

スポンサーリンク

ふきのとうのガーリックライス

【材料】2人分
  ご飯・・・茶碗3杯
  ふきのとう・・・2個
  にんにくみじん切り・・・3片分
  牛脂・・・2個
  酒・・・大さじ1
  しょうゆ・・・大さじ1と1/2
  バター・・・10g
  塩・・・少々
  粗引き黒こしょう・・・少々

【作り方】
1) ふきのとうをサッと湯がいて水にさらし、よく絞ってからみじん切りにします。

2) フライパンで牛脂を溶かし、にんにくを弱火でいためて香りを出します。
  香りが出たところへ、ふきのとうも加えます。
  ご飯も加えて炒め、真ん中を空けます。

3) 空けたところに酒としょうゆ、バターを加えて軽く焦がし、
  水分を飛ばしてから全体を混ぜ合わせ、塩コショウで味を整える。

4) お皿に盛りつけて出来上がり

スポンサーリンク

【ワンポイントアドバイス】

スーパーでお肉を買った時にもらえる牛脂を使うことで、
より鉄板焼き屋さんで食べるガーリックライスに近づけますよ。

お肉を買うときには是非、余分に牛脂をもらってくださいね。
無料でも置いてあるスーパーもありますよね^^

「ふきのとう」の苦味がダメなら
水にさらす時間をたっぷりとってもらうといいと思います。

さいごに

「ふきのとう」の雑学を少しだけ。。

ふきのとう雑学

雪解けを待たずに、顔を出す春の使者です。

一番早くに出てくる山菜で、独特の香りとほろ苦さが春の息吹を感じさせてくれます。

「春の皿には苦味を盛れ」という言葉がありますが、ご存じですか?

冬の間にたまった脂肪を流して、味覚を刺激し、気分を引き締める。
「ふきのとう」を食べて、一年の活動をスタートさせることからきたのかもしれませんね^^

冬眠から目覚めた熊は、最初に「ふきのとう」を食べるらしいですよ。

スポンサーリンク

コメント